ペンとノート ~小説と一緒

アルファポリス・カクヨムで異世界冒険ファンタジー・恋愛ものを同時連載中です
小説のリンク・活動報告・更新情報・新作の紹介などを行っています

更新情報はカテゴリの「更新情報&活動報告」からチェックを!
気が向いたときに雑記を書いています。
よかったらそちらもさくっとご覧ください(´∇`)

黒のグリモワールと呪われた魔女

『黒のグリモワールと呪われた魔女 ~婚約破棄された公爵令嬢は森に引き籠ります~』 七十三話を投稿しました


異世界恋愛ファンタジーです。剣と魔法、召喚など、ファンタジー色の濃い作品となります。

七十三、アラクネーの部屋
アラクネーの意識に取り込まれていくクロエ
エルネストとアンジェリクがアラクネーを目指す

カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054892188506

春野こももの作品はアルファポリスカクヨムにてご覧いただけます。

今回はエルネスト視点のお話です。クロエの不審な行動に翻弄されながらも、エルネストとアンジェリクがアラクネーを目指します。
クロエの意識はゆっくりと溶けて、アラクネーの中にあった三つの記憶のうち最も明瞭なアラクネー自身の記憶を自分のものと認識しているようです。

次回の投稿は2月24日か25日、20時ごろの予定です。


『黒のグリモワールと呪われた魔女 ~婚約破棄された公爵令嬢は森に引き籠ります~』 七十二話を投稿しました


異世界恋愛ファンタジーです。剣と魔法、召喚など、ファンタジー色の濃い作品となります。

七十二、剥離
クロエの意識が剥がされていく
自分が何者か分からなくなっていく

カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054892188506

春野こももの作品はアルファポリスカクヨムにてご覧いただけます。

意識が剥がれて自分が何者だったのか、だんだん分からなくなっていく。そして意識が固定されたとき、クロエはクロエじゃなくなっていた。
虫嫌いの作者が背中をゾワゾワさせながら書きました。とはいえ、蜘蛛って益虫ですよね。害虫駆除してくれますしね。でも見た目が……ね。

次回の投稿は2月21日か22日、20時ごろの予定です。


『黒のグリモワールと呪われた魔女 ~婚約破棄された公爵令嬢は森に引き籠ります~』 七十一話を投稿しました


異世界恋愛ファンタジーです。剣と魔法、召喚など、ファンタジー色の濃い作品となります。

七十一、アラクネーの巣
アーマーゾーン……じゃなくてトロワ密林を探検します。
目指せアラクネーの巣。

カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054892188506

春野こももの作品はアルファポリスカクヨムにてご覧いただけます。

トロワ密林に到着したクロエは、湿度と気温の高さにぐったり。暑いのは我慢できても、蒸し暑いのはつらいですよね……。
虫が大変苦手な作者ですが、一生に一度はアマゾンに行ってみたいと思っています。ワニに食い殺されそうですが。

次回の投稿は2月18日、20時ごろの予定です。


『黒のグリモワールと呪われた魔女 ~婚約破棄された公爵令嬢は森に引き籠ります~』 七十話を投稿しました


異世界恋愛ファンタジーです。剣と魔法、召喚など、ファンタジー色の濃い作品となります。

七十、素材集めに向けて
新章開始です。
波乱ありの、ラブありの、楽しい旅の始まりです。

カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054892188506

春野こももの作品はアルファポリスカクヨムにてご覧いただけます。

今回のエピソードで新章開始です。これから魔道具の素材集めの旅に出ます。ハルはお留守番で、クロエ、エルネスト、アンジェリクの3人での冒険となります。ハプニングありの、ラブありの、楽しい旅にしたいと思います。
読者様に楽しんでもらえたら嬉しいです!

次回の投稿は2月10日、20時ごろの予定です。


『黒のグリモワールと呪われた魔女 ~婚約破棄された公爵令嬢は森に引き籠ります~』 閑話を投稿しました


異世界恋愛ファンタジーです。剣と魔法、召喚など、ファンタジー色の濃い作品となります。

閑話 アランの悔恨
アランの後悔というかボヤキです
側近サイドの心情です

カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054892188506

春野こももの作品はアルファポリスカクヨムにてご覧いただけます。

今回から新章突入しようと思って、新章の一話目を書いたのですが、ふと思い立って、ブリュノワの側近サイドのお話を書いてみることにしました。
彼らの謝罪のシーンで「あんな酷いことしといてそんなにあっさり反省するもん?」という疑問を持たれた読者様がいらっしゃったんじゃないかと。
あ、すいません。作者が一番そう思ってました。謝罪シーンはクロエ主観だったこともあって(言い訳)、力足らずで彼らの心情を伝えきれなかったので、今回は鬼畜魔道士アラン主観でお伝えします。後日譚です。

次回の投稿は2月8日、20時ごろの予定です。


記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
プロフィール
カクヨム・アルファポリスにて小説を掲載中です 異世界恋愛ファンタジーなど。
目次
【春野こもも著作まとめ】

これまでの作品をあらすじつきでまとめています。

Twitter
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード